So-net無料ブログ作成

“INDUSTAR-22 50mm F3.5”とGXR [オールドレンズで遊ぶ]

GXRとMOUNT A12を手に入れた時、“INDUSTAR-22 50mm F3.5”と組み合わせを考えました。

 その理由?写りよりも見た目のイメージです。
 X-E2との組み合わせも良かったですが、よりコンパクトなGXRに装着すると「渋い」です。

gi11.JPG
 MOUNT A12はMマウントなので、そのままではこのレンズの装着は出来ません。そこで使うのがL-M変換リング。
 今回はKIPONのものを使いましたが無限遠でフォーカスレバーが干渉するみたいです。
 あと気をつけなければならないのが、GXRからレンズを外す時、変換リングがボディ側に残らないようにしなければなりません。

 それ以外は他のマニュアルフォーカスレンズと同じ。ただ沈胴するとボディ内部と干渉する可能性があるので、ここは自己責任で。

gi10.JPG
 装着するとこんな感じです。GXRが武骨なだけに、けっこう似合う組み合わせかと思っています。

gi8.JPG
 庄内地方はまだ雪国の天候なので、雪が降らない時に持ち出してみたいですね。春はまだ先ですが。
nice!(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

荘内神社の「どんど焼き」 [四季の景色]

1月15日は荘内神社で「どんど焼き」が行われました。

 17時からの火入れの後は、参拝者の方々がお焚き上げの炎でお餅やスルメなどを焼く姿を目にすることが出来ました。

dd3.JPG
 この炎で焼いたお餅等を食べれば、今年は無病息災ということなんですね。

 今年一年、良い年でありますように・・・
 
 
nice!(2) 
共通テーマ:地域

レンズ沼? [オールドレンズで遊ぶ]

2014年までで揃えてきたオールドレンズをご紹介!

ln1.JPG
 マニュアルフォーカスのレンズ達。大半はM42マウントやPENTAX Kマウントですね。当初は旭光学のTAKUMARレンズから始めましたが、その後は旧ソ連製や東独製のものも手に入れました。

 多くは焦点距離28mm〜55mmの単焦点レンズですが、1本、PENTAX M 75-150mm F4の直進式ズームが加わっています。
 スリムなレンズでズーム比も2倍。これを入れておくだけで撮影の自由度が増しました。

 M42マウント、Kマウントで揃えたため、ボディもPENTAX K-5IIs、Fuji X-E2、RICOH GXRとで使うことが出来、同じレンズであってもボディを交換することで異なる描写を楽しむことが出来ます。

ln2.JPG
nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

GXRとTAKUMAR 28mmで撮る冬の山居倉庫 [オールドレンズで遊ぶ]

GXRとSUPER TAKUMAR 28mm F3.5を持って冬の山居倉庫を訪れました。

 酒田市にある山居倉庫は現役の米の収蔵庫ですが、同時に観光の拠点にもなっています。裏手には欅並木もあってなかなか風情のある建物ですね。

gxr1.JPG
 28mmのレンズもGXRに装着すると、画角は42mm相当になるので、まあ標準レンズのような感じになります。
 周辺の光量や収差の補正はまったく行っていない状態で今回は撮影を行っています。

gxr2.JPG
 欅並木をシーンモードにある「ハイコントラストモノクロ」で撮ってみました。
 雪の中での景色なのでまさにモノトーンの世界です。

gxr3.JPG
 静寂感をイメージして、今度はホワイトバランスを電球モードへ。ホワイトバランスも細かく設定できるので、自分の意図するイメージに合わせてカラーフィルター代わりに使えますね。

 今回は背面の液晶でのピント合わせで撮っています。う〜ん、これで晴天下はちょっとつらいかな。ということでVF-2の購入となったわけです。
 VF-2は今となっては画素数も低いので詳細にとはいきませんが、それでもフォーカスアシストを使う際には有効かと思います。
nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

RICOH GXRとMOUNT A12 [オールドレンズで遊ぶ]

とっくに生産完了となったRICOHのGXR(P10キット)を手に入れました。

 GXRはずっと欲しかったカメラです。
 2014年の途中、ネット上でP10キットが出ていたためさっそく購入。そして2014年12月にMOUNT A12、2015年元旦にVF-2を手に入れました。

r4.JPG

 もともとPENTAX K-5IIsやFujiのX-E2でM42マウントやKマウントのオールドレンズを持っていたので、GXRでもそのレンズ資産を活かすつもりです。
 X-E2よりさらに小型のボディは、気軽なお散歩カメラやスナップにも活躍してくれそうです。

r3.JPG

 さらにGXRはオールドレンズに特化した補正機能があるので、逆にこれを表現手段として、X-E2とは異なる仕上がりに出来るのでは?という期待もあります。
 最新式の「よく写る」今風のカメラではないので、いろいろ大変なところもあるかもしれませんが、“惚れた弱み”とでもいいましょうか。長く付き合ってみたいカメラです。

r1.JPG
nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。